診療方針

当クリニックの診療方針について

インフォームドコンセント(説明と同意)を徹底します

患者さまに現在のお口の中の状況を知っていただき、治療内容を十分にご理解していただけるよう、わかりやすい説明を行ないます。
そして、患者さまの疑問や不安をできるかぎり取り除けるよう努力します。

痛みのない治療を心がけます

麻酔注射の際の痛みを和らげるために、表面麻酔(塗る麻酔)を必ず行ないます。
また、刺入部位、注射針の種類、その他痛みの原因を追求し極力痛みのない麻酔をするよう努力します。
診療の際は、お痛みの有無を常に確認しながら治療を進めます。
 

歯を大切にします

なるべく「削らない」「神経を取らない」「抜かない」治療をめざします。

予防を重視します

フッ素塗布、シーラント、PMTCを積極的に行ないます。
また、ブラッシング指導により虫歯や歯周病に対する予防意識を身につけるお手伝いをさせていただきます。

メインテナンスを充実させ、再発防止に力を入れます

治療終了後、お口の中の健康を維持させるために定期的な検診が大変重要になります。
検診の時期が来ましたら、おはがきでお知らせいたします。

安心して治療をうけていただくための治療システム

治療システム_01_コピー

問診

歯科診療を安全に行うために、全身的なご病気の有無や過去の歯科治療の際の異常の有無などについて予診表にご記入いただきます。

応急処置

お痛みがある場合は、痛みを取り除くための処置を優先して行います。

検査と診断

レントゲンや歯周組織の検査などお口の中の状況に応じて必要な検査を行い、病気の有無・原因・かみ合わせなど総合的な検査を行ないます。

治療計画の説明

検査の結果から現在のお口の中の状況をご理解していただき、考えられる治療法についてご説明いたします。

治療のスタート

患者さまが治療方法をご理解し、ご納得されてから治療を開始させていただきます。
治療の状況や経過はその都度ご説明していきます。

治療の完了 

全ての治療が終了し、咬める喜びを実感してください。

メインテナンス(定期検診)

お口の中の健康をいつまでも維持させるために、定期的なメインテナンスを行ないます。

モバイルサイト

たなか歯科クリニックスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら