トップページへ サイトマップ
ようこそ!ふじみ野市の「たなか歯科クリニック」WEBサイトへ
トップページ 院長ごあいさつ/ドクター紹介 医院のご案内・当院へのアクセスマップ 院内設備のご案内/院内感染防止対策について 診療プログラムについて 治療費用のご案内 スタッフ募集について
診療科目
一般歯科
小児歯科
痛みが少ない虫歯治療法 3MIX法
最新の虫歯治療法 3DS法
歯周病治療
歯科口腔外科
矯正治療
治療システムについて
矯正治療の種類について
矯正治療の費用について
当院で行なっている矯正症例
予防歯科
PMTC
フッ素コーティング
シーラント
口臭治療
審美歯科
ホワイトニング治療
ガムピーリング
白い被せ物/オールセラミック・クラウン
白い被せ物/メタルセラミック・クラウン
白い詰め物/ハイブリッドセラミック・インレー
ラミネート・ベニア
ノンクラスプ・デンチャー
ホワイトクラスプ・デンチャー
インプラント治療
インプラント治療について
従来の治療との比較
インプラント治療のながれについて
特殊手術と症例紹介
歯周治療とは?
歯周病は、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。

昔は「歯槽膿漏」と呼ばれていましたが、今では「歯周病」という呼び方が一般的になっています。

若いときに歯を失うのは虫歯が原因であることが多いのですが、40代を過ぎてから歯を失う最大の原因はこの歯周病です。
日本人の、30歳以上の約8割が歯周病だと言われています。

歯周病には痛みなどの自覚症状がほとんどありません。そのため、気が付いた時にはすでに手遅れになってしまっていることが多いというのが、歯周病の最も恐ろしいところです。

自覚症状が出てきているような歯周病では、すでに歯を支えている骨(歯槽骨)の大部分が溶かされてしまっています。


この溶かされてしまった歯槽骨を元通りにすることは現在の歯科医療ではほぼ不可能で、ある程度以上進行してしまった歯周病に対しては、成すすべがないというのが今の歯科医療の現実です。

歯周病の治療は、「健康だった時の状態に戻す」のではなく、「これ以上進行しないようにする」ことが目的になってきます。
歯周病の治療法
歯周病の一番の原因はプラーク(歯垢)と歯石です。プラークとは食べ物のカスではなく細菌の塊で、いろいろな種類の細菌が住みついています。また歯石とはこのプラークが固まったものです。
歯周治療の基本は、徹底したプラークと歯石の除去です。以下のような順序で治療を進めていきます。


歯周外科治療について
スケーリングやルートプレーニングを行っても症状が改善しない部分に対しては、歯周外科治療と呼ばれる治療が行われます。
麻酔をして歯肉をメスで切り、骨から剥がして歯根や骨を完全に見えるようにして、奥深くの歯石や感染歯質を徹底的に除去します。
骨が溶けてデコボコになってしまったところを平らにしたり、溶かされてしまった骨を回復させる処置を行い、歯肉を縫合します。

また、「歯ぐきのラインを整える」「受け口」「出っ歯」「小顎症(下あごが小さい)」「笑ったときに歯ぐきが見える」などについて外科処置を行うことで、笑顔が美しく見えるような自然な状態に戻すことができます。

当院では、病的な歯肉と歯石を完全に取り除くだけでなく、審美的な観点も加えた治療を行なってまいります。

HOME院長ごあいさつ/ドクター紹介医院のご案内院内設備/院内感染防止対策診療プログラムプライバシーポリシースタッフ募集サイトマップ

一般歯科小児歯科矯正歯科口腔外科予防歯科審美歯科インプラント治療